伊那まつりの花火大会 CFで募集開始

LINEで送る
Pocket

伊那まつり花火大会に向けてCFを使った資金調達をPRする事務局の担当者

伊那市の市民夏祭り第62回伊那まつりの花火大会(8月4日)に向けて、実行委員会花火委員会は15日から、インターネットを通じて出資者を募るクラウドファンディング(CF)を使った資金調達を始めた。八十二銀行などが運営する「CF信州」を活用し、50万円を目標に、7月12日まで出資を募る。

プロジェクト名は「令和元年長野県で一番大きな音楽花火を打ち上げよう! 伊那谷花火大会乾杯プロジェクト!」で、呼び物の音楽花火をさらに華やかなものにするために、広く協賛を呼び掛ける。返礼品には乾杯セットと銘打ち、伊那産クラフトビールや伊那名物ローメンの提供店で使える食事券などを贈る。

募集金額は1口5000円~2万円。出資者には1口当たり▽5000円=「伊那市で乾杯セット(小)」▽1万円=「伊那市で乾杯セット(大)」または「伊那名物お土産セット(小)」▽1万5000円=「伊那名物お土産セット(大)」▽2万円=「令和元年花火お土産セット」「割烹板前弥座の伊那谷素材お食事セット」―を提供する。

花火委員会では協賛金を集めるために、昨年に続き市民1戸当たり100円の協力を求めたり、県外で活躍する同市出身の企業経営者らに協力を求める取り組みも行っている。

おすすめ情報

PAGE TOP