山田孝太郎さんの原画など 指北庵で作品展

LINEで送る
Pocket

山田孝太郎さんの作品が並ぶ指北庵ギャラリー

幼少期から高校までを諏訪地方で過ごした漫画家山田孝太郎さん(38)=相模原市=の作品展「山田孝太郎の軌跡」が、茅野市北山芹ケ沢の古民家カフェ&ギャラリー指北庵で開かれている。小さい頃から絵を描くことが好きだった山田さんの、中学時代から現在までのイラストや原画など約100点が並ぶ。30日まで。

山田さんは諏訪清陵高校、東京造形大学卒。大学在学中に投稿した「ルシアの吐息」が第1回月刊少年ジャンプ少年マンガグランプリでブロンズ賞を受賞し、漫画家デビュー。連載も抱えて活躍している。

作品展は父の孝實さん=下諏訪町=が企画。孝實さんは同店オーナー夫妻とは元教員同士の関係で、展示が実現した。

作品は、月刊少年ジャンプに連載された「ファイアーエムブレム 覇者の剣」「聖剣の刀鍛冶」のほか、「マンガ日本史・上杉謙信」や昨年発売した初画集の原画など。繊細な描画によるダイナミックでファンタジーな世界感が広がる。絵コンテ、下描き、原画の工程が分かる展示もある。

高校時代の作品は石こう像や花などのイラスト、美術部長として手掛けた校友会誌の表紙原画など。友達を描いた長峰中時代のスケッチブックもある。孝太郎さんは「友達や恩師もいる地元で作品を見てもらうことができありがたい」と話している。

一部入れ替え、月~水曜定休。入場無料。問い合わせは指北庵(電話0266・55・6315)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP