原村長選 現職の五味氏が政策発表

LINEで送る
Pocket

村長選に向けて政策を発表する五味武雄氏

7月23日告示の原村長選に再選を目指して立候補を予定している現職の五味武雄氏(67)=柏木、無所属=は21日、2期目に向けた政策(マニフェスト)を村役場で発表した。子育て支援や健康長寿を目指す福祉施策、産業振興など重点施策5項目を掲げ、「出生率を上げ、雇用創出や移住促進により人口増を図る」とした。

子育て支援では、庁内で具体化に向け検討している「子ども子育て支援センター」は2020年度の着工を目指すとした。機能としては、子育ての悩み相談や交流の場、子育て事業を展開する場などを想定した。家庭教育相談体制の充実や給付型の奨学金制度拡充にも取り組む意向。

福祉・医療施策では、懸案の村医療費特別給付金の支給条件見直しに着手する方針で、「実施中の1400人分のアンケート結果を8月上旬にも公表したい」とした。一方で、健康長寿を目指す取り組みを重視。昨年度から連携協定を結ぶ松本大学との連携を強化し、運動促進プログラムを推進する。「認知症対策など60代前半から取り組める健康教室も充実させたい」とした。

産業振興では、農業分野でワイン特区への取り組みや農業後継者・新規就農者の育成に力を入れる。観光振興では、「枠組みを検討中」としつつ、村観光連盟を含めて村内のさまざまな民間組織が関われる新たな組織を立ち上げたい意向を示した。

持続可能な村づくりでは、高齢化がさらに進むことへの対策として、国家戦略特区で運用が進むライドシェア(自動車を相乗りすること)の仕組みを研究するとした。「高齢者の足の確保は喫緊の課題」と導入に意欲を見せた。

五味氏は「全ての村民がこの村に生まれてよかった、住んでよかったと思える村を目指す」と述べた。

おすすめ情報

PAGE TOP