諏訪湖の日制定へPR 9月23日イベント

LINEで送る
Pocket

諏訪湖の総合計画「諏訪湖創生ビジョン」の推進会議は、住民や観光客の諏訪湖への関心を高めようと制定する「諏訪湖の日」(10月1日)に向けたキックオフイベントを9月23日に諏訪市内のホテルで開く方針を固めた。創生に向けて取り組む決意を参加者と共に宣言する。諏訪地方にゆかりがある音楽家をゲストに招く考えで、出演交渉などを進めている。

「諏訪湖の日」は、5月に開かれた推進会議の全体会議で、制定を検討してきたワーキンググループ(WG)が提案し、制定する方針が了承された。10月1日は諏訪湖流域下水道の一部供用を開始した日(1979年)で「浄化に向けて第一歩を踏み出した」と選定理由を説明した。9、10月を取組期間とし、趣旨に合うイベントとして、諏訪湖一周ウォークや諏訪湖マラソンなどを挙げている。10月5日には、推進会議の「ごみの無い諏訪湖」の実現を目指すWGが諏訪湖一斉ごみ調査(仮称)を実施する。

キックオフイベントでは、「諏訪湖の日宣言」やゲストによるトークショー、演奏のほかに、諏訪湖を良くしようと活動している地元の各種団体の紹介なども計画している。推進会議では7月12日まで創生ビジョンの周知を図るロゴマークのデザインを公募しており、同イベントの中で採用作品の紹介や出品者の表彰も行いたい考え。

推進会議事務局の県諏訪地域振興局企画振興課は「イベントを通じ、まずは『諏訪湖の日』を知ってもらうことが大事。諏訪湖にかかわる活動に参加する個人、団体が増えることを願う」と話している。ロゴマークの応募などの問い合わせは同課(電話0266・57・2901)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP