茅の輪くぐり心身清める 諏訪大社

LINEで送る
Pocket

茅の輪をくぐる参列者=諏訪大社上社本宮

諏訪大社上社と下社で6月30日、「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の神事があった。青々としたカヤで仕立てた茅の輪を参列者がくぐり、半年で身に降りかかった罪や汚れを除き、心身を清めた。

諏訪市の上社本宮では、休日と重なったことから約200人が参列し、長い列ができた。斎庭では、人形(ひとがた)で体の悪い部分をなでた後、息を3回吹きかけて神職に託した。境内に移り、「はらへたまい清めたまへ」と唱えながら直径約2メートルの茅の輪を3回くぐった。

毎年家族で訪れているという三井千代美さん=南箕輪村田畑=は「すがすがしい気持ちで茅の輪をくぐった。今年も折り返し。後半も家族仲良く過ごせたらうれしい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP