下諏訪サマーイルミネーション 19日夜開幕

LINEで送る
Pocket

サマーイルミネーションで飛ばすスカイランタン

下諏訪町は、諏訪湖畔の赤砂崎公園で「下諏訪サマーイルミネーション2019」を19日夜から9月8日まで開催する。今年はLED(発光ダイオード)で光る浮遊体を上空に飛ばす「スカイランタン」を新たに企画した。諏訪湖温泉旅館組合が諏訪市側の湖畔で開く「諏訪湖サマーナイト花火」(7月21日~8月25日)への来場者の取り込みも図る。

スカイランタンは風船の中にLEDとヘリウムガスを入れ、和紙で包んで地上10メートルの高さまで上げる。オレンジ色の光の塊が夜空をぎっしりと埋める幻想的な景観が「インスタ映えする」として人気を集めている。

イルミネーションは、昨年度より3万個多い10万個の電球を飾る。パーゴラ(日陰棚)を覆っていた電飾は青1色から7色に変化するLEDに替える。今年から公園に隣接する駐車場にビアガーデンのための屋台が新たに出店する。

個人と団体が自作したイルミネーションは前年より3点多い10点を飾る予定。出品する作品とイルミネーションを飾り付けるボランティアを随時募っている。

スカイランタンは7月19日、21日、8月2日、9日の4日間。屋台の出店は7月19日と8月2~11日の11日間。点灯時間は午後7~10時。初日午後7時から点灯式を開く。

町産業振興課は「イルミネーションのイベントは各地で盛んだが、スカイランタンや7色に変色する電飾は県内では珍しい。過去最大の作品と花火、諏訪湖の夜景を合わせたイベントで下諏訪らしい個性を出していく」としている。問い合わせは同課(電話0266・27・1111)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP