安全な夏山登山を 美濃戸口などに相談所開設

LINEで送る
Pocket

登山者に計画書の提出などを呼び掛ける遭対協メンバーら=13日、美濃戸口

諏訪地区山岳遭難防止対策協会と茅野署は3連休初日の13日、美濃戸口と奥蓼科の登山口に夏山登山相談所を開設し、登山者に登山届の提出や無理のない計画などを呼び掛けた。美濃戸口では早朝から続々と登山者が訪れ、遭対協相談員や署員から安全登山のアドバイスを受けた。

愛知県の山岳会の男女9人パーティは、1泊2日で阿弥陀岳や赤岳を周回するという。リーダーの洞井孝雄さん(69)は「熱中症に注意し、岩場では十分に気を付けたい」と話し、仲間と出発した。さいたま市から訪れた増渕祐二さん(44)は初めての本格登山となる中学2年生の長男、基哉さん(13)と2泊3日で硫黄岳登山やテント泊を体験する計画で、基哉さんは「おいしい空気や自然を味わいたい」と笑顔を見せた。

遭対協諏訪班の内山正一さん=下諏訪町=は「夏山は天候の急変が怖い。夕立で体を濡らすと夏でも凍死しかねない。午後は天候が崩れるのでお昼ごろには行動をやめる計画を」と呼び掛けた。坂本元太さん=原村=は「登山計画書を書いてこない人がまだまだ多い。万が一を考え、山岳保険にも加入してほしい」と話していた。

13、14日の日程で、遭対協救助隊と茅野署山岳遭難救助隊の4人が赤岳周辺の登山道でパトロールも行う。

おすすめ情報

PAGE TOP