和太鼓打ち比べコンテスト 高野さん初優勝

LINEで送る
Pocket

全国各地から気鋭の和太鼓奏者が出場した「世界和太鼓打ち比べコンテスト」(岡谷太鼓まつり実行委員会主催)は25、26の両日、岡谷市の県男女共同参画センターで開かれた。全4部門のうち、一人打ち男子の部で、地元の高野充さん(33)=岡谷市加茂町=が4回目の挑戦で初優勝し、最優秀賞(文部科学大臣賞)にも選ばれた。

コンテストには、今回新設した「ジュニアの部」に9人が出場。「女子の部」には9人、「男子の部」に32人、「団体の部」に28チームがエントリーし、25日の予選を経てジュニア5人、女子6人、男子12人が本選に進んだ。団体は事前のビデオ審査を通過した6チームが演奏した。

高野さんは、岡谷太鼓保存会に加盟する太鼓チーム「猿」の代表。市外の一人打ちコンテストで最優秀賞に選ばれた経験もあるが、地元開催の「世界和太鼓打ち比べコンテスト」では、昨年、一昨年ともに準優勝で「今年はどうしても優勝したかった」と強い気持ちで臨んだ。

26日の本選でも直径2メートルの平胴大太鼓を躍動感たっぷりに打ち鳴らし、気迫に満ちた演奏を披露した。表彰式では目に涙を浮かべて喜びに浸った。閉会後のインタビューでは「一人ではつかむことができなかった優勝。多くの皆さんから力をもらい、全力を出し切ることができた」と述べ、笑みを見せた。

高校生以下のジュニアの部は辰野町の新井陽太さんが3位入賞した。

結果は次の通り(カッコ内は住所)。

【一人打ちジュニアの部】1:二木輝尚(石川県) 2:川端光月(同) 3:新井陽太(長野県辰野町)

【同女子の部】1:丸山夕芽把(東京都) 2:大塚菜生(埼玉県) 3:宮部百々恵(東京都)栗田紘子(神奈川県)

【同男子の部】1:高野充(長野県岡谷市) 2:江下光利(神奈川県) 3:八木隆之介(宮崎県)

【同最優秀賞】高野充

【団体の部】1:輪島・和太鼓 虎之介 2:創作和太鼓集団 打鼓音 3:和太鼓 暁 ―AKATSUKI―

おすすめ情報

PAGE TOP