40周年で踊り連に感謝状 27日諏訪よいてこ

LINEで送る
Pocket

諏訪市の市民祭り「第40回諏訪よいてこ」(実行委員会主催)は27日、JR上諏訪駅近くの柳並公園周辺で開く。「輝く未来へ みせろ諏訪の底力!」をテーマに昼のイベントと夜の踊りで盛り上がる。40回の節目を記念し、夜の踊りに今回を含め10年連続出場する16連に感謝状を贈る。

昼の部は2時10分に開幕。柳並公園に設けたステージや路上で子どものダンスや大人の和太鼓などのパフォーマンスがある。諏訪圏青年会議所諏訪・下諏訪部会は主に小学生を対象にした職業体験「ジョブパーク」を開く。諏訪商工会議所青年部は複数の障害物を乗り越えてもらうアスレチック「SASUGA(サスガ)」を行う。

夜の部は4時45分から。メインの踊りは5時に開始し、小学校の学級や地域住民、職場の同僚などでつくる踊り連35連、約1500人が参加する予定。「よいてこ音頭正調」「よいテクノバージョン」「お諏訪節」に合わせて踊る。7時すぎにグランドフィナーレを迎える。10年連続出場の踊り連の表彰は夜の部の開幕式に合わせて行う。

柳並公園周辺は午後2時から同9時まで歩行者専用になる。

40周年記念で感謝状が贈られる踊り連は次の通り。
オリーブ・どれみ、JR上諏訪地区連、JA信州諏訪、城南小なかよし連、諏訪市社会福祉協議会・ボランティア・市民活動センター、諏訪市職員互助会、諏訪信用金庫、諏訪地区県職連、諏訪赤十字看護専門学校、諏訪赤十字病院、てんとう虫ファミリー、長野銀行、長野県信用組合、中浜町踊り連、八十二銀行、ヤマト連

おすすめ情報

PAGE TOP