ラベンダー摘み取りいかが 第2この街学園

LINEで送る
Pocket

清涼な香りを楽しみながらラベンダーを摘み取る来場者

清涼な香りを楽しみながらラベンダーを摘み取る来場者

下諏訪町湖浜の生活介護・就労支援施設「第2この街学園」は7月8日まで、通所者が丹精込めて世話をしているラベンダーを摘み取ることができるイベントを行っている。2日は、ラベンダーを使った香りグッズの手作り体験会も開く。

ラベンダーは、学園前の通称・古川通りの柳並木に植栽している。柳の木が朽ちてしまった箇所が出てきたため、柳に代わり沿線を彩る花を│と、2007年度に町チャレンジ事業の採択を受け、3カ年にわたり植栽を行った。その後も地域の支えを受けて、学園で植栽を継続。現在は約40株が大きく育った。

摘み取りイベントは、景観や環境に目を向けてもらうきっかけに-と、昨年初めて開き、2回目。会期中は、紙コップ1杯分(ラベンダー約200~230本)を無料で、2杯目以降は1カップにつき300円で摘み取ることができる。

摘み取りの受付時間は、午前10時30分~午後2時(7月3日は休み)。希望者は、学園窓口で申し込みをし、許可証とカップを受け取ってから行う。はさみ持参。

7月2日は午後1時から、香り袋と、ラベンダースティックを作る体験会を開く。参加料はグッズ1個につき100円。問い合わせは同学園(電話0266・27・8974)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP