熱気と笑顔あふれる 富士見OKKOH

LINEで送る
Pocket

熱気に沸いた富士見OKKOH。威勢のよい掛け声に合わせて約1100人が踊った

富士見町の夏祭り「第36回富士見OKKOH(オッコー)」が27日、富士見グリーンカルチャーセンター駐車場を主会場に開かれた。各種団体のブース、ステージ発表や、JR信濃境駅前、富士見駅前商店街でのイベント、オッコウ踊りなど多彩な催しが終日繰り広げられた。昨年は台風による大雨で終盤中止を余儀なくされただけに、夕刻から行われたオッコウ踊りでは熱気が最高潮に達した。

主会場と会場前の町道役場北通り線で午後5時30分から行われたオッコウ踊りには事業所や各種団体、小学生、地区、同窓会など27連約1100人が参加。「富士見OKKOH」「富士見小唄ニューバージョン」、新曲の「OKKOH富士見っ子音頭」を「ばかオッコー(『ものすごく盛大』などの意)」などと声を合わせ、降りしきる雨を吹き飛ばす勢いで元気に踊った。富士見っ子音頭は昨年大雨で中止になったため、今回初めて流し踊りが行われた。

境小学校6年の加藤結さんは同級生と保護者で初めて踊りに参加。「小学校の楽しい思い出ができた」と話していた。実行委員長の名取元秀町商工会長は「皆さんの熱意で最後まで行うことができた。来年も楽しみたい」と感謝。フィナーレを大花火打ち上げが飾った。

踊りの各賞受賞は次の皆さん。

▽OKKOH大賞=顔晴りまっしょ!!(昨年の本郷小学校6年生と保護者)
▽元気モリモリキッズ賞=本郷小学校6年1組
▽バカOKKOH賞=特別養護老人ホーム紅林荘連
▽もうちょっとで大賞=境小学校6学年
▽ハッピースマイル賞=本郷小学校5年
▽楽しく踊れたで賞=富士見高原ホークス
▽今年も盛り上げてくれてありがとで賞=乙事リリーズ
▽オシャで賞=老人保健施設あららぎ
▽審査員特別賞=友好都市多摩市

おすすめ情報

PAGE TOP