学習支援や科学実験 岡谷で小学生夏休み企画

LINEで送る
Pocket

それぞれ持ち寄った課題に取り組む児童ら

岡谷市が市内小学生を対象に実施する夏休み企画「やってみよう!おかやキッズラボ&おかやコドモテラス」が29日から、同市長地支所を振り出しに始まった。宿題や苦手な科目の学習支援、科学実験教室、フードテラスなどを合わせた新規事業で、今年度は長地、川岸、湊の3支所を会場に2日間ずつ実施。長地会場には市内の小学1~5年生12人が参加し、それぞれ有意義な時間を過ごしている

「おかやキッズラボ」は地域の人材を活用して子どもたちの学習を支援し、知的好奇心をくすぐる科学実験を通じて学習意欲の向上を図る事業。昨年度始まった「コドモテラス」では長期休暇を利用して学びや食事を提供したり、悩み事相談に応じたりするなど、子どもたちの居場所づくりに取り組んでいる。今年度はより多くの児童に参加してもらおうと長地支所(29、30日)、川岸支所(8月5、6日)、湊支所(同7、8日)の3会場を設定した。

初日は長地支所近隣に住む児童が参加。教員OBら5人の支援を受けながら、それぞれ持ち寄った課題に取り組んだ。長地小学校4年の児童は「早く宿題を終わらせたい。今日中に10ページは進めたい」と意欲を見せた。

30日は身近な物を使って虹づくりなどを体験する「わくわく科学教室」、地元食材を使ったカレーなどを提供する「フードテラス」、市の相談員がさまざまな相談に応じる「悩み相談テラス」がある。

3会場とも実施内容は同じ。川岸、湊会場では定員に若干空きがあり、引き続き参加申し込みを受け付ける。問い合わせは市教育総務課(電話0266・23・4811)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP