手作りあんどん優勝作品 茅野どんばん

LINEで送る
Pocket

一新したうちわを掲げ、来場を呼び掛ける関係者。中央の2点があんどんコンテスト優勝作品

8月3日に茅野市で開かれる市民祭り「第44回茅野どんばん」を目前に控え、夜の踊り会場に飾る手作りあんどんコンテストの優勝作品が決まった。新たな試みとして協賛企業を募った新デザインの公式うちわも完成し、ホームページも一新した。

あんどんの絵は市内の中学、高校、保育園などのほか、諏訪市の高校から約70枚が集まった。コンテストには中学の部8点、高校の部4点が出品し、市役所ロビーに展示。市民投票の結果、長峰中美術部と東海大諏訪高の小林ジーンさんの作品が優勝した。

うちわは、赤色をベースに「44th茅野どんばん」「祝令和元年」「めた盛り上がれや茅野どんばん!」などの文字と「りんどんばんどん」のイラストをデザイン。「茅野どんばん」の歌詞を印刷した面には、協賛企業名やロゴマークなどを入れ、これまではなかった作詞・喜多条忠、作曲・市川昭介、歌・都はるみ―も記した。

協賛は新たな試み。1口5万円の広告を募集し、目標より3口多い15事業所(75万円)が集まり、7500枚を製作した。会場で来場者に配布するほか、踊り連の約2500人にも持ってもらう。

実行委員会の北原友運営室長は「令和元年のどんばんを熱く楽しみましょう」と呼び掛けている。問い合わせは祭典委事務局(電話0266・82・2648)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP