諏訪のアウトドア紹介 初の夏休みセミナー

LINEで送る
Pocket

諏訪で体験できるアウトドアを中心に紹介する夏休みセミナーのチラシ

諏訪6市町村などでつくる諏訪圏移住交流推進事業連絡会と諏訪市は8月3日から、アウトドアを中心に諏訪の魅力を知ってもらう初の催し「SUWAアウトドア夏休みセミナー―諏訪ってこんな場所」を同市沖田町のモンベル諏訪店(諏訪ステーションパーク内)で開く。カヌーやカヤック、サイクリングなどに関わる人が6回にわたり取り組みをセミナー形式で紹介。諏訪のファンを増やし、来訪してもらえる交流人口の増加を目指す。

諏訪市は諏訪地域への移住の比率が高いアウトドア愛好者に重点を置いた移住策を進めており、市地域戦略・男女共同参画課は「セミナーが移住のきっかけづくりになれば」と話している。

日程は3、9、10、14、22、23日でいずれも午後2時からモンベル諏訪店で。3日は合同会社hocco(ホッコ、原村)が木のオカリナ「樹・音」を紹介する。オカリナ作り体験のワークショップ(参加費4000円)がある。申し込みはホッコ(電話0266・75・3533)へ。

9日はオーク製作所(茅野市)が室内環境アップへ自社製品のランプ型空気清浄機を披露する。10日はDesign Store takajin(デザイン・ストア・タカジン、岡谷市)が消防ホースを再使用したバッグなどを紹介する。

14日は真澄蔵元の宮坂醸造(諏訪市)の宮坂直孝社長が諏訪の酒蔵の話を交えながら、諏訪湖や河川でのカヌーの活動を紹介する。

22日は諏訪湖カヤックプロジェクトを担当する井川竜太さん、最終日の23日は諏訪湖八ケ岳自転車活用推進協議会の小口良平代表がそれぞれ取り組みを語る。

3日のオカリナ作りのワークショップのみ申し込みが必要で、その他は不要。問い合わせは諏訪市地域戦略・男女共同参画課(電話0266・52・4141、内線285)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP