にぎやか「宵祭り」 諏訪大社下社のお舟祭り

LINEで送る
Pocket

お舟祭りの宵祭りのパレードを盛り上げた長持ち踊り=7月31日、下諏訪町

諏訪大社下社の夏の遷座祭「お舟祭り」を前にした7月31日夜、下諏訪町で宵祭りがあった。町実行委員会が町民祭りと位置付けて主催し、大社通りを歩行者天国にしてパレードが練り歩き、真夏の前夜祭を盛り上げた。

宵祭りは、町で晩年を過ごした今井光也さんが作曲した、50年前の東京五輪開会式のファンファーレで幕開け。パレードはチアダンスや子どもみこし、長持ちなどが連なった。大社通りは屋台がずらりと軒を連ね、浴衣姿の人たちでにぎわった。

祭りは一時、激しい夕立のため中断したが、雨がやむのを待ってパレードを再開した。父親と長持ちに参加した岡谷市岡谷田中小学校2年の男子児童は「長持ちを担いでいるお父さんが格好良かった。将来は僕も担いでみたい」と話した。

本祭りは8月1日。柴舟の曳行を御頭郷の旧岡谷市が担当し、午後2時ごろに春宮を出発する。国道20号が通行止めになり、神賑わいパレードが午後1時から始まる。

おすすめ情報

PAGE TOP