来春音楽イベント 9月14日オーディション

LINEで送る
Pocket

「若い才能を発掘したい」と、オーディションへの応募を呼び掛ける登内さん

音楽を通じて地域を活気づけようと活動するグループ「諏訪地域盛り上げプロジェクトSUWARISE(スワライズ)」は、来年3月に茅野市の茅野市民館で音楽イベント「SUWARISE2020」を開く。有名アーティストをゲストに招くとともに、音楽やダンスパフォーマンスに励む若者に出演の機会を提供する。9月14日に岡谷市の諏訪湖畔で開かれる諏訪湖よさこいの会場でオーディションを行う。募集は9月10日まで。

同イベントは今年2月に初めて開催した。お笑い芸人で歌手の藤森慎吾さん=諏訪市出身=らプロのミュージシャンを迎え、多くの来場者を集めた。オーディションを勝ち抜いた5組がプロと同じ舞台で演奏した。2回目となる次回のイベントは来年3月21日に開催する。

募集の対象は、30歳以下で音楽やダンスパフォーマンスの活動をしている個人やグループ。ソロ、バンド、弾き語りなどジャンルは問わない。今回も5組を選ぶ。氏名や連絡先のほかに、応募曲の演奏、歌唱の動画をメールや記録したDVDで事務局に提出する。提出された資料を基に1次選考を行い、通過者は諏訪湖よさこいの野外ステージで行う公開オーディションで演奏などを披露する。

プロデューサーを務める登内大志郎さん(39)は「フレッシュな才能をSUWARISEを通じて世に出したい。多くの観客の前で一流のミュージシャンたちと同じステージに立てるチャンスをぜひつかみ取ってほしい」と話している。問い合わせはカフェバー「ルース」内の事務局(電話0266・55・4888)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP