諏訪、今年最高の34.4度 乙女滝で涼む

LINEで送る
Pocket

涼を求めて茅野市蓼科中央高原の乙女滝で涼む学生たち

6日の県内は高気圧に覆われて気温が上昇し、諏訪は今年最高の34.4度を記録した。諏訪は10日連続の真夏日。茅野市蓼科中央高原の横谷渓谷にある乙女滝には、観光客らが涼を求めて訪れ、豪快に流れる滝に「気持ちいいー」と歓声を上げた。

東京の大学生と大学院生のゼミ仲間8人は、2泊3日で蓼科で行っている合宿に合わせて立ち寄った。男子大学院生は「流れる 水が体にかかるようで涼しい。勉強への英気を養っています」と話していた。

長野地方気象台によると、6日はこのところ県内で続いた猛暑のピークとみられるという。ただ、7日以降も最高気温が30度を超えるような暑さは続く見込み。

おすすめ情報

PAGE TOP