SDGs取り組む 原村長が2期目初登庁

LINEで送る
Pocket

職員から贈られた花束を手に初登庁する五味武雄村長

原村長選で無投票再選を果たした五味武雄氏(67)=柏木=が8日、2期目の初登庁をした。職員を前に「自分の仕事を深掘りし、創意工夫してほしい。厳しい財政状況だが知恵を出し合い、村政運営に取り組みたい。共に頑張ろう」と述べ、2期目をスタートさせた。

就任式では日達章副村長が「人と自然と文化が息づく美しい村づくりにわれわれも協力します。今後4年間の村政運営をよろしくお願いします」と、期待を込めて歓迎した。

五味村長は2期目の公約を改めて示し、持続可能な村づくりでは、公共交通の充実を掲げ、国の特区で進む「ライドシェア(相乗り)」の導入に意欲を見せた。また、原村における持続可能な政策目標(SDGs)に取り組むとし、「誰一人取り残さない目標設定を目指す」と決意を述べた。

初登庁には後援会役員ら9人が同行。五味村長は庁舎前で職員約60人に拍手で出迎えられ、女性職員から花束を贈られた。笑顔の中にも緊張感ある面持ちで庁舎に足を踏み入れた。

おすすめ情報

PAGE TOP