諏訪湖浄化みんなで 下諏訪で「クリーン祭」

LINEで送る
Pocket

遊覧船による湖上観察会。出航前に湖の景色を楽しむ子どもたちら

下諏訪町の赤砂崎公園で11日、「諏訪湖クリーン祭」があった。町内外の各種団体、個人有志でつくる町諏訪湖浄化推進連絡協議会(略称・湖浄連)が、湖の浄化に向けた意識を高める狙いで続け、38回目。子ども連れら多くの住民が訪れ、諏訪湖への関心や知識を深めた。

会場には各団体によるブースが並び、NPO法人天竜川ゆめ会議(駒ケ根市)は町立図書館と連携し、「天竜川の知識認定試験」を実施。全問正解者には絵本をプレゼントした。町消費者の会は洗剤や肥料として使える米のとぎ汁発酵液などを無料配布。生活クラブは環境負荷の少ないせっけんなどの良さをPRした。諏訪湖ロータリークラブによる遊覧船からの湖上観察会もあった。

開会前には湖岸のごみ拾いを行い、参加した下諏訪南小学校3年の田中里奈さん(9)は「ペットボトルのふたがたくさん落ちていて驚いた」、大代美伶さん(8)は「ごみを拾うとすっきりする」と感想。湖浄連の高橋健一会長(41)は「諏訪湖は目立つごみこそ減ったが、細かなごみはまだあり、それが下流域や海に流れていく。ごみは諏訪湖だけの問題ではないと改めて知ってもらう場になれば」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP