柴舟担ぎ災厄払う 箕輪町で「おさんやり」

LINEで送る
Pocket

お舟が巡行し地域の災厄を払った伝統の「おさんやり」=箕輪町南小河内

箕輪町南小河内に古くから伝わる厄よけ行事で町無形民俗文化財「おさんやり」(同区盆祭実行委員会主催)が16日夜、同区内で行われた。全長約10メートルの巨大な柴舟が巡行し、地域の災厄を払う伝統の行事。住民が力強く柴舟を担いで区内をくまなく練り歩き、地域の安全や無病息災を願った。

おさんやりは江戸時代に天竜川と逆方向に流れる水路「大堰」を介して疫病がまん延した際に、舟に見立てたみこしで清め流したのが起源とされる。江戸時代後期ごろから、地域行事として伝えられている。

柴舟は、区内を巡行した後に「お舟壊し」されるため、毎年実行委員によって制作。今年も13日に住民約30人の手によって区内の林から切り出したナラやカラマツを使い、全長約10メートル、高さ約3・5メートル、重さ約600キロの堂々とした舟に仕上げられた。

同区の堂の前広場を午後4時前に出発した柴舟は、約2時間かけて区内を巡行。同8時30分ごろから、垂直に立てたナラの木をぐるりと一回りし、粉々に打ち壊す「お舟壊し」を行い、破片は厄よけとして住民が持ち帰った。

実行委員長の窪田研一分館長は「毎年夏に行う行事が区民のまとまりを強めている。人口減少時代にあって横のつながりは大切。行事をきっかけに地域活性化につなげたい。行事を今後も大切にしていきたい」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP