市民笑顔で踊りの輪 いなまち盆踊り

LINEで送る
Pocket

歩行者天国となった伊那市の中心商店街で盆踊りを楽しむ市民ら

伊那市の中心市街地で15日夜、「いなまち盆踊り」が開かれた。商店街の盆のイベントで歩行者天国になった県道にやぐらとテントを設置。台風の影響が心配されたが、大雨にはならず、太鼓や三味線の生演奏や唄に合わせて市民らが踊りの輪を広げた。

通り町1丁目商店会などでつくる実行委員会主催。今年は歩行者天国イベント「ナイトマーケット」「伊那ローメン夏まつり」に加え、「よさこい祭り」とも同時開催。踊る、食べるを一体化したイベントにした。

地元のよさこいチーム「伊那よさこい青龍」がオープニングを飾り、午後7時すぎから県道交差点で盆踊りが始まった。伊那節保存会と歌舞劇団「田楽座」が協力。踊りの輪に加わる人たちは次第に増えていき、「伊那節」と「伊那の盆唄」を楽しんだ子どもたちは「上手に踊れた」と笑顔を見せた。

商店街に飾られたちょうちんの明かりが、路面にも反射して風情を引き立てていた。

おすすめ情報

PAGE TOP