門前封鎖に区長お手上げ 南箕輪で「盆正月」

LINEで送る
Pocket

自宅の門の前にしめ縄や一輪台車などが並べられ、あっ気に取られた松澤区長

南箕輪村の田畑区で16日深夜から17日朝にかけ、若い世代が盆休みの延長を求めて、区の役員宅前に物を積み上げ封鎖する伝統行事「盆正月」があった。早朝に、門の前に台車や門松などが所狭しと並べられているのに気付いた松澤純一区長(69)は、すっかりお手上げの様子。要求通り「今日はゆっくり休んでください」と区内に通達した。

少なくとも明治時代から続く風習。盆期間も働かされた農家の若者たちが、臨時休日を訴え実力行使に打って出たのが始まりとされる。村内では青年部を中心に他地区でも行われていたが、現在は同地区PTAでつくる「伝統行事を守る会」を実動部隊に、同区のみで受け継がれている。

16日夜に区役員らが寝静まったころを見計らって、会員や子どもら約30人が暗がりの中で作業。公民館を含む4カ所にバリケードを設けた。松澤区長宅では、一輪台車の取っ手部分にバケツを飾り、農機具やちゃぶ台などを並べた。しめ縄や鏡餅などを供え、地面には石灰で「お正月」と記した。「17日は土曜休みなだけに残念」としながらも手の込んだ仕上がり具合になり、「美しく封鎖できた」とにやり。

午前6時ごろ、バリケードに気付いたという松澤区長。「玄関前が恒例なだけに、まさか門前とは。豪快で素晴らしい」とあっ気に取られ、「片付けは大変だけれど、良い伝統文化。次代に継承されていけば」と願っていた。

おすすめ情報

PAGE TOP