きょう「処暑」 霧ケ峰でマツムシソウ見頃

LINEで送る
Pocket

霧ケ峰で見頃を迎えたマツムシソウ

諏訪市郊外の霧ケ峰で、秋の高原を代表する花のマツムシソウが見頃を迎えている。23日は、二十四節気の一つで徐々に暑さが落ち着く時期とされる「処暑」。訪れる観光客も上着を羽織って秋の景色を楽しんでいる。

県霧ケ峰自然保護センター(同市)によると、マツムシソウは盆前から咲き始めた。濃い緑とニッコウキスゲの黄色が彩った高原は淡紫色のマツムシソウなどがだんだんと目立ち始めており、日中に吹く風も涼しさを感じさせる。秋に見頃を迎えるワレモコウも見られる。愛知県安城市からの団体旅行で22日に霧ケ峰を訪れた鈴木裕子さんは「マツムシソウがすごくきれいに咲いていて秋の景色を楽しめた。やっぱり涼しいですね」と話していた。

長野地方気象台によると、同日の諏訪の最高気温は9月上旬並みの26.8度。向こう1週間は前線や湿った空気の影響で雲が広がりやすく、気温は平年並みか平年より高い日が多いと見込んでいる。

おすすめ情報

PAGE TOP