「森の音楽祭」交流の調べ 歌声や音色響く

LINEで送る
Pocket

森の緑と地域の人に囲まれたステージで演奏を披露する保育園児童たち=25日、森の音楽祭(伊那市)

第13回「森の音楽祭in春近郷」は25日、伊那市東春近の殿島城址公園で開いた。地域で活動するグループや小学校、保育園など13団体が緑豊かな園内に集い、歌声や楽器の音色を響かせた。

東春近公民館分館連絡協議会などでつくる運営委員会の主催。東春近公民館の野溝和人館長は「思う存分、歌って演奏して、仲間づくりの場にもしてください。手作りの音楽祭です。東春近の森に調べを響かせましょう」と呼び掛けた。

全員で「伊那市の歌」を斉唱し、女声コーラスグループの「オリーブ」が爽やかな歌声を響かせてオープニングを飾った。「親子音楽隊」の保育園児たちは、鈴やタンバリンを鳴らしたり、小太鼓をたたいたりして、元気いっぱいに「パプリカ」を披露。来場者たちも振りを付けながら声を合わせ、会場一体となって盛り上がっていた。

おすすめ情報

PAGE TOP