”先輩ママ”が子育て助言 おしゃべりカフェ

LINEで送る
Pocket

子育ての悩みなどを共有した「おしゃべりカフェ」

諏訪市を中心にした子育て経験のある母親らでつくる市民団体「Living Plus One(リビングプラスワン)」は8月から、子育ての悩みや不安を相談し合う「おしゃべりカフェ」を開いている。諏訪市小和田の市総合福祉センターで28日に初開催し、未就園児らの子を持つ市内の母親8人が参加。子どもの成長や将来の不安などを共有し、子育て経験の長い“先輩ママ”からアドバイスをもらった。

同団体のメンバー3人を進行役に2班に分かれ、各自が悩みを付箋に書き出した。「体が二つ欲しい」「子どもがご飯を食べない」「近くにいる義母への頼り方が分からない」など多様な悩みがあった。参加者同士で共感しながらアドバイスし合い、「自分なりの落としどころを見つけて」などと励ました。

結婚を機に県外から移住した植松美香さん(30)=同市城南=は「7カ月の子どもがいるが、地域に知り合いが多くない」とし、「近くで遊べる場所を教えてもらえた。次も参加したい」と話した。

次回は9月27日午前10時から同センターで開く。参加無料。当日参加可。子を持つ親なら誰でも歓迎する。申し込みは同団体の島津美穂子さん(電話080・6937・1662)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP