「成人式」市民アンケートへ 諏訪市教委

LINEで送る
Pocket

諏訪市教育委員会は、民法改正で2022年4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられるのに伴い22年度以降の成人式の対象年齢などを決める参考にするため、市民や市出身者を対象にアンケートを実施する。特に22年度は仮に3学年同時になった場合、会場の確保をどうするか―などが課題になっている。実施期間は9月1日~10月31日でウェブ上の専用ページで回答してもらう。

市教委によると、今年1月の成人式は対象者501人のうち369人が出席した。例年対象者は500人程度で7~8割の出席者がいるといい、18~20歳の3学年が対象になった場合、現在の会場である市文化センターの収容人数を超える―といった課題があるという。

アンケートの設問は5項目。「成人式の対象年齢について何歳が適当か」を「18歳」「20歳」「その他」の選択肢で質問している。「成人式に代わる新しい名称は」では「二十歳(はたち)の集い」「20歳を祝う成人の集い」「その他」の選択肢を設けている。

市教委によると、対象年齢がどうなるかによって成人式での着物調達や美容室の予約などへの影響も考えられるという。「一般市民のほか、成人を迎える人や親御さんらに関心を持ってもらい、アンケートに回答してほしい」と話している。市教委は高校生の利用が多い市駅前交流テラスすわっチャオにチラシを置いて周知を図る。

アンケートは広報すわ9月号「くらしの情報欄」にあるQRコードを読み取ったり、市ホームページから専用フォームに入ったりして回答する。調査結果は市ホームページなどで公表する。市教委は調査結果を参考に成人式の方法を決める方針。

問い合わせは市教委生涯学習課(電話0266・52・4141、内線595)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP