無病息災願う 諏訪大社で夏越し大祓

LINEで送る
Pocket

青々とした茅の輪をくぐり、残り半年の無病息災を願う住民や参拝者=6月30日、諏訪大社上社本宮

青々とした茅の輪をくぐり、残り半年の無病息災を願う住民や参拝者=6月30日、諏訪大社上社本宮

諏訪大社上社と下社で6月30日、「夏越し大祓」の神事があった。青々としたカヤで仕立てた茅の輪を参列者がくぐり、残り半年間の無病息災を願った。

諏訪市の上社本宮では神職や大総代、氏子ら200人以上が参列した。紙の人形で体をさすったり、息を吹きかけて半年間に降りかかった罪やけがれをはらうと、境内に設けた直径約2・5メートルの茅の輪へ。「はらへたまい、清めたまへ」と唱えながら、8の字を描くように3度くぐった。

近隣住民の参拝が多く、同市中洲の40代の女性は「後半も家族が病気をせずにこのまま1年無事に過ごしたい」。2月に生まれた男児を抱っこした30代の母親は「健やかな成長を願いました」と話していた。

おすすめ情報

PAGE TOP