諏訪湖LC・和支部 29日に周年記念公演

LINEで送る
Pocket

諏訪湖ライオンズクラブ結成60周年を記念した公演のポスターを手に来場を呼び掛ける藤森和良会長(中)ら

諏訪湖ライオンズクラブ(LC)は29日、同クラブ結成60周年と同クラブ諏訪和(なごみ)支部結成40周年を記念した公演を諏訪市文化センターで開く。薬物依存症の経験を持つ俳優の内谷正文さんが1人体験劇「ADDICTION(アディクション)―今日一日を生きる君」を上演する。同LCは「薬物の恐ろしさを知る機会にしたい」と来場を呼び掛けている。

同LCは諏訪市内の中学生対象に毎年啓発活動を行うなど薬物乱用防止に力を入れており、節目の年のメイン事業に取り入れた。内谷さんは1969年、神奈川県茅ケ崎市出身。自身や家族の薬物依存症の経験を基に脚本を書き、演じる体験劇を2005年に始めた。

午後2時から、諏訪市薬物乱用防止協議会メンバーの市保護司会、市更生保護女性会、名古屋税関諏訪出張所が取り組みなどを報告し、2時30分ごろから公演が始まる予定。

午前11時からはイベントブースを開設し、県警の薬物乱用防止キャンペーンカーのほか、かき氷、クレープなどの飲食ブースが並ぶ。

同LCの藤森和良会長は「さまざまな情報がインターネットに載る時代。薬物から身を守る知識を持たないといけない。特に中高生ら若い人や保護者に参加してほしい」と呼び掛けている。

入場無料、申し込み不要。問い合わせは諏訪湖ライオンズクラブ(電話0266・53・0558)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP