豪華企画も 駒ケ根ファームス納涼祭

LINEで送る
Pocket

駒ケ根ファームスの納涼祭でトンボ玉釣りに挑む親子

駒ケ根ファームスの納涼祭でトンボ玉釣りに挑む親子

駒ケ根市の駒ケ根高原にある駒ケ根ファームスで2、3の両日、納涼祭(実行委員会主催)が開かれている。施設開設20周年を記念し、例年より企画を増やして実施。会場では特産物販売や音楽演奏などが行われ、家族連れやカップルでにぎわっている。

周年企画としてはソースかつ丼用ソースなど駒ケ根の特産物が当たる抽選会を開催。今回初めて熱帯魚のボトルアクアリウム作りと木登り体験会を用意した。クラフト作品を売るテント市もある。

このうち、市内で太鼓やアクセサリーを手作り販売する「つる丸工房」は、水中のトンボ玉(ガラス玉)を釣り上げる企画(1回300円)を実施。経営する下島宏文さん(56)の計らいで、時価1万円相当の玉も交ぜた。知らずに金箔入りの高価な玉を釣った同市の主婦、長野かなめさん(28)は「本当にうれしい」と感激。下島さんは「(20周年のお祝いを兼ね)お客さんには楽しんでほしいけど、釣り上げられると完全に赤字だよ」と苦笑いした。

3日は午前11時~午後5時。抽選会(11時と3時)や牛乳早飲み大会(1時30分)もある。問い合わせは駒ケ根観光協会(電話0265・81・7700)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP