秋の城下町に山車巡行 鉾持神社の燈籠祭

LINEで送る
Pocket

ほおずき提灯で彩られた通りを進む山車。=23日、鉾持神社の燈籠祭(伊那市高遠)

伊那市高遠町の鉾持神社の秋の例大祭「燈籠祭」は23日午後、西高遠のご城下通りと同神社周辺で本祭りが行われた。祭りの時間帯は荒天にならず、子どもみこしや「高遠ばやし」の連が練り歩き、町内に残る二つの巨大な山車が巡行した。

山車は高さ約5メートルで仲町と本町に残されている。子どもたちを乗せて仲町駐車場を出発。ご城下通り(本通り)をゆっくり進んだ。鉾持神社に近づくと、子どもたちも山車を引いたり押したりした。

午前中は強い風と雨に見舞われ、巡行できるか心配だったという。「子どもたちが本当に楽しそう。無事できて良かった」と氏子たち。稲穂に見立てて飾られた赤い「ほおずき提灯」が風でゆらゆらと揺れ、秋の城下町の風情を引き立てていた。

高遠ばやしの連は華やかな花笠と法被姿。三味線や笛を奏でながら総合福祉センター前など町内を練り歩いた。

おすすめ情報

PAGE TOP