八ケ岳に向かうオレンジの帯 キバナコスモス

LINEで送る
Pocket

八ケ岳に向かって沿道をオレンジ色に染めるキバナコスモス=茅野市北山のメルヘン街道

茅野市北山の国道299号(通称メルヘン街道)沿いで、オレンジ色のキバナコスモスが盛りを迎えている。八ケ岳に向かって右側、芹ケ沢南交差点を挟む500~600メートルの区間に花の帯を連ね、ドライバーらの目を楽しませている。

地元の有志でつくる「芹ケ沢環境チャレンジ隊」(朝倉義正隊長)が、蓼科や白樺 湖を訪れる観光客へのおもてなしの気持ちで造る花壇。前々回の御柱祭の年から始め10年目になる。当初はヒマワリを植え、4年前から花期の長いコスモスに替えた。種から育てた約1000株を植え、草刈りなどの手入れもしてきた。

標高約1000メートルの田園地帯。景色も良く、写真愛好家も訪れる。事務局の小松一平さんは「台風に遭ったが盛り返した。つぼみが次々と出てくるので長く楽しんでもらいたい」と話している。

おすすめ情報

PAGE TOP