甘酸っぱさ絶妙 「ますみ農園」ブルーベリー

LINEで送る
Pocket

紫色に輝く実を摘み取り、ブルーベリー狩りを楽しむ来園者

紫色に輝く実を摘み取り、ブルーベリー狩りを楽しむ来園者

伊那市ますみケ丘の「ますみ農園」(中村保寿園主)で、ブルーベリー狩りが始まった。県内外から数多くの客が訪れ、旬の味に舌鼓を打っている。

同園は約70アールに2000本以上の木が植わり、早生から晩成種まで約20種類のブルーベリーが楽しめる。「天候にも恵まれて今年は例年に比べて1週間ほど育ちが早く、品質も良好」と中村さん。「アーリーブルー」や「ブルークロック」、「ブルーレイ」など、多くの品種が食べ頃を迎えている。

毎年訪れるという伊那市手良の春日君子さんは、近所の春日まきえさんを誘って来園。君子さんは「この甘酸っぱさが絶妙。いつも持ち帰りして近所の人にも喜ばれている」と話し、まきえさんは「園に来るのは初めてだが、新鮮で本当においしい」と紫色に輝く実を次々と摘み取り味わっていた。

盆ころまで開園する。入園料は1時間食べ放題で土日祝祭日が中学生以上800円(平日600円)、小学生600円(同500円)、園児400円(同400円)。摘み取り持ち帰りは1キロ1200円。予約、問い合わせは同園(電話0265・78・5626、090・4545・4211)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP