夏秋イチゴの栽培技術向上を 現地視察検討会

LINEで送る
Pocket

夏秋イチゴの品種「信大BS8-9」について大井さんの話を聞く参加者たち=玄農舎伊那農場

信州大学農学部が開発した夏秋イチゴ「信大BS8-9」の現地視察検討会が3日、伊那市西箕輪大泉新田の玄農舎伊那農場のハウスで開かれた。全国から生産者ら55人が集まり、同品種の”生みの親”である信大工学部特任教授の大井美知男さんと、農場長の山口昭雄さんから話を聞き、栽培技術の向上に役立てた。同品種の導入に意欲を持つ人たちも参加した。

信大BS8-9研究会(事務局・長野市)が主催する研修会で3回目。上伊那地方では初めて開いた。同農場は多段式の高設栽培システムで同品種を育てるほか、増殖棟や育苗棟もあり「これから始めようとする人たちの参考になる」として会場に選んだ。

同品種は味や糖度、香りに優れ、果芯まで着色する特性を持つ。農学部時代に品種改良を手掛けた大井さんは、高品質の四季なり性品種として評価が高まり、北海道から九州まで60カ所で栽培されるようになったと説明。「夏秋収穫だけでなく、今後は周年収穫栽培を考えてほしい。作業する人も通年の方が仕事をしやすい」と伝えた。

山口さんは、同農場の設備や実績を示し、さまざまな試験データを公開。「早めに植えてゆっくりと根を張らせることが大事。株間を開けると収量増につながる」などと解説し、「このイチゴでなければ駄目というお客さまも増えている。需要に供給が追い付いていない」と、生産拡大の必要性を訴えていた。

一行は、同じ西箕輪地区にある伊那バスアグリ事業部のハウスも見学した。

おすすめ情報

PAGE TOP