ほたるの里活活ふれあいフェス13日 辰野町

LINEで送る
Pocket

「ほたるの里活活ふれあいフェスティバル」のポスターとPRする事務局スタッフ

辰野町の「第300回ほたるの里活活ふれあいフェスティバル2019」(実行委員会主催、長野日報社など後援)は13日、荒神山スポーツ公園一帯で開く。各種スポーツや森林ウオーク、体力測定といった体験プログラムを企画したほか、第30回記念の豪華景品付きオリエンテーリング、パラスポーツのPRコーナーも用意。「多彩なブースを巡って健康づくりと交流を楽しもう」と町内外へ参加を呼び掛けている。

町体育協会や町スポーツ推進委員会、町女性団体連絡協議会など計28団体で実行委員会を組織し、毎年この時期に開いている。運動施設が点在する荒神山の特長を生かしたスポーツイベントを通じて、住民が健康増進に取り組むきっかけをつくる狙いがある。

主会場のほたるドームで午前9時に開会式を行い、町消防団ラッパ隊と辰野中学校吹奏楽部の演奏に続きイベントをスタート。スポーツ体験は歩きながらプレーするウオーキングサッカー、野球の的当て、レクリエーション軽スポーツなどを実施。たつの未来館アラパは無料開放でボルダリングなどを体験できる。

森林ウオークはチェックポイントを設けたラリー形式。ため池「たつの海」周辺および森の散策道など、歩きやすいゴムチップやウッドチップを敷いた全長1.7キロコース(所要時間約30分)を歩く。

30回記念オリエンテーリングでは、各ブースを回りポイントを集めると、町特産品などが当たる抽選会に参加できる。武道館では2020年東京パラリンピックに向けたパラスポーツ体験・紹介ブースを設ける。屋台村では豚汁やわたあめを振る舞い、旬の農産物の販売も行う。

参加無料。午前9時~午後1時。雨天時はイベントの内容変更や中止の場合もある。問い合わせは実行委事務局の町教育委員会(電話0266・41・1681)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP