ゆっくり過ごして 諏訪紅葉三山めぐり

LINEで送る
Pocket

3寺合同の紅葉イベントで販売する御朱印などを手にPRする佛法紹隆寺の岩崎宥全住職(右)と温泉寺の瀧瑞巖住職

紅葉の名所として知られる諏訪市四賀の佛法紹隆寺、同市湯の脇の温泉寺、茅野市玉川の長円寺が連携してイベントを行う「お殿様が愛した『諏訪紅葉三山めぐり』」は26日~11月10日、3寺で行う。昨年に続き2年目で、ゆっくりとした時間を過ごしてもらう「お寺deカフェ」や寺を被写体にしたフォトコンテストを新たに行う。

3寺とも高島藩主が参詣した薬師瑠璃光如来を祭り、藩主にゆかりがあることから、各寺の紅葉と一緒に高島藩について知る機会にしてほしいと計画した。

新たに実施する「カフェ」は諏訪地域と辰野町のカフェ4店が1店ずつ、27日と11月4日は長円寺、11月2日と10日は佛法紹隆寺、11月3日と9日は温泉寺に出店する。時間は午前10時~午後4時。「紅葉を楽しみながら、寺でゆったりとしたひとときを過ごしてほしい」とする。

フォトコンテストは3寺いずれかの風景を「#(ハッシュタグ)諏訪紅葉三山めぐり」を付けてSNS(ツイッター、フェイスブック、インスタグラム)で11月13日までに投稿してもらう。3寺の住職らが審査し、入賞者には地元飲食店の5000円分の食事券を贈る。

イベント期間中には3寺で御朱印を各300円で販売する。各寺の特色ある建物をデザインしており、佛法紹隆寺は普賢堂、温泉寺は多宝塔、長円寺は鐘楼門をあしらった。

3寺の住職とざっくばらんに話す「お坊さんとしゃべらナイト」(11月8日、温泉寺)、写経の一文や願い事を書き込んで奉納する「写経燈籠」(期間中、各寺)なども行う。

トレーディングカード風に仏像や庭などを紹介する「お寺カード」も各寺で配る予定。岩崎宥全・佛法紹隆寺住職(41)は「地元の活性化へお寺でできることで貢献したい」と話した。

問い合わせは佛法紹隆寺(電話0266・52・2241)、温泉寺(同0266・52・2052)、長円寺(同0266・79・3720)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP