ずーみん(吉住友里)のワンポイントアドバイス 4

LINEで送る
Pocket

万全の準備 最後は笑顔で
いよいよ、諏訪湖マラソン本番が2週間後に迫ってきました!最終回の第4回目は、レース直前の注意点やアドバイスについてです。

(4)直前の注意点や前日・当日の過ごし方

笑顔でゴールテープを切る吉住さん。諏訪湖マラソン出場予定の皆さんに向け「笑顔でゴール目指しましょう!」とメッセージ

【レース前日】
30~60分くらいのジョギングや散歩など軽く体をほぐす程度の運動やストレッチなどをして筋肉が固まらないように。あとは、リラックスして過ごし、レースの準備は万全にしてから、早く寝ましょう。

エネルギー源となる炭水化物を多めにとって(カーボローディング)、アルコールと食物繊維は控え目に。トイレに行きたくなるのを防ぎます。暑くなる予報なら、ウォーターローディングもグッド。観光や仲間との宴会でついつい盛り上がりやすいですが、記録を狙うならそれはレース後のお楽しみに♪

【レース当日】
当日は、余裕をもって起床し、朝食は消化・吸収の時間を考えてスタート3~4時間前に。ごはん、パン、もち、うどんなどのエネルギー源にプラスし、オレンジジュースなどのビタミンC、納豆やゆで卵、魚肉ソーセージなどタンパク質も。移動中やレースまでの補給食としては、大福やカステラ、バナナ、エネルギーゼリーなどがおすすめ。

【レース中】
気温が高ければ、こまめに給水をとること。汗と一緒にミネラルやビタミンが失われるとけいれん(脚つり)や熱中症になりやすいので、塩分やナトリウム・カルシウム・マグネシウムが入ったサプリメントやジェルなどを取しゃくやくると良いです。つりやすい人は芍薬甘草湯を持っておくと心強いです。

レースだといつもよりも速いペースになりがちなので、スタートして飛ばし過ぎないように、自分の決めたペースを保つのがコツ。

諏訪湖マラソンは、湖が綺麗に見えるので、景色や湖畔沿いの風を楽しみながら走ってください♪同じくらいのペースの人を見つけてその人の後ろを走ると少し楽。

ゴール後、食べたいもの、ご褒美のビールなどを思い浮かべ、ラスト1キロは力を振り絞って、笑顔でゴールしましょう!

~~~おわり~~~

プロフィル
・プロトレイルランナー、スカイランナー、元理学療法士
・愛称:ずーみん
・陸上経験ゼロから2007年に走り始め、15年から始めたトレイルランニングで一気に国内トップランナーに。17年に理学療法士の仕事を辞め、プロに転向。競技を中心に練習会や講習会を開催している。大阪府藤井寺市出身、33歳。

主な戦歴
2013年 北海道マラソン優勝
  14年 大阪マラソン2位(日本人トップ)
  16年 トレイルランナーオブザイヤー受賞
      スカイラインイングジャパンシリーズVK年間チャンピオン
  17年 トレイルランナーオブザイヤー特別賞
      スペイントランスブルカニアVK優勝
  18年 ハルカススカイラン3連覇達成
  19年 奄美ジャングルトレイル50キロ優勝
      富士登山競争山頂コース3連覇達成
      UTMB(世界一のトレイルランニングレース)OCCカテゴリー3位。日本人女子初の表彰台

◆ブログ◆おちびのブログ

フェイスブック

おすすめ情報

PAGE TOP