きょう県内最接近 大型で非常に強い台風19号

LINEで送る
Pocket

大型で非常に強い台風19号は11日午後、八丈島の南海上を北上した。12日夕方から夜に静岡県や関東に上陸する可能性が高く、東海と関東では記録的な暴風と大雨、猛烈なしけが予想される。長野県内には12日夕方から夜遅くにかけて最接近する見込み。長野地方気象台は、暴風、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に警戒するよう呼び掛けた。

同気象台によると、12日昼すぎから13日にかけては、局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨となる見込み。

県南部の12日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で180ミリ。さらに13日午後6時までの24時間に、多い所では50~100ミリの雨が降るとみている。12日に予想される最大瞬間風速は30メートル。倒木などによる停電や交通障害への警戒も呼び掛けている。

19号は11日午後6時、八丈島の南南西約490キロの海上を時速25キロで北北西へ進んだ。中心気圧は925ヘクトパスカル、最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。東側370キロ以内と西側280キロ以内が風速25メートル以上の暴風域。13日朝には三陸沖へ進み、同日午後に北海道の南東海上で温帯低気圧に変わる見込み。

JR東海は、JR飯田線・豊橋駅―辰野駅間の12日の運転について、台風19号の接近に伴い、午前9時ごろから終日運転を見合わせると発表した。始発から午前9時までの間も通常より本数を減らして運転する。

高速バスは12日、新宿・伊那飯田線、立川・飯田線の上り、下りがともに終日運休となる。県内の中央道と長野道について、中日本高速道路は、12日夜の間に「通行止めにする可能性がある」との事前情報を出した。

伊那市営南アルプス林道バスは12日、仙流荘(長谷)午前8時5分発以降の北沢峠行きと、北沢峠同10時発以降の戸台口行きが運休する。

おすすめ情報

PAGE TOP