台風19号 諏訪5市町村で大雨特別警報発令

LINEで送る
Pocket

台風の影響で多くの人が避難した諏訪市諏訪中学校体育館=12日午後8時10分ごろ

大型で強い台風19号は12日、東海沖を北上して午後7時前に静岡県・伊豆半島に上陸した。13日未明にかけて関東を縦断し、福島県沖に抜ける見込み。東海と関東では記録的大雨と暴風に見舞われ、気象庁は12日午後3時半に長野など7都県に大雨特別警報を発表した。この7都県で大雨特別警報が出たのは初めて。

県内には12日夜に最接近し、諏訪地方でも風雨が強まった。下諏訪町を除く5市町村で大雨特別警報が発令された。諏訪市では上川の水位が上がり、氾濫する懸念から霧ケ峰郊外を除く四賀地区の全域と小和田、中洲、豊田各地区と茅野市ちの地区の一部の地域に避難指示が発令された。富士見町落合の一部の地域にも発令された。このほか広い範囲で避難勧告が発令された。

大雨による増水で上川は午後4時20分に茅野市で避難判断水位3・6メートルに達した。江川橋では最高で4・4メートルまで上がった。茅野市上原下町では、上川の増水に伴い、昼すぎから仮設の排水ポンプ、排水ポンプ車が稼働した。

長野地方気象台によると、午後9時20分現在の48時間雨量は諏訪で76・5ミリ。茅野市白樺湖で223・5ミリ、原村で153ミリとなり、ともに10月の観測史上最大の雨量を記録した。

長野地方気象台によると、13日午後6時までの24時間に予想される降水量はいずれも多い所で北部150ミリ、中部130ミリ、南部80ミリの見込み。県東側の地域や山沿いを中心に降り始めからの降水量が増えているとして、13日にかけて土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するように注意を呼び掛けた。

同気象台の担当者は、12日に県庁で開かれた県対策本部員会議で、「雨風は次第に弱まってくるが、北部では雨が13日朝まで残る」との見通しを示し、大雨特別警報を県内でも発令したことを報告して「13日も土砂災害や洪水などへの警戒が引き続き必要になる」と注意を求めた。

おすすめ情報

PAGE TOP