北欧音楽祭すわ開幕 下諏訪総合文化センター

LINEで送る
Pocket

北欧音楽祭すわで演奏する諏訪交響楽団

諏訪地方ゆかりの世界的指揮者、渡邉暁雄さん(1919~1990年)を顕彰する「北欧音楽祭すわ2019」は13、14の両日、下諏訪町の下諏訪総合文化センターで開いている。初日は、渡邉さんの長男、康雄さんの指揮とピアノで諏訪交響楽団が演奏を披露した。

プログラムは、シベリウスの「フィンランディア」で幕開け。モーツァルトの「バイオリンとビオラのための協奏交響曲」とベートーベンの「皇帝」を奏で、迫力あるメロディーを会場いっぱいに響かせた。

14日は、午後3時から康雄さんが「父渡邉暁雄のこと」と題して講演し、妻由利さんとピアノで共演する。午後2時からは、12日に予定していたが台風の影響で中止にしたしもすわ混声合唱団によるコンサートを開く。同センター内で生誕100周年を迎えた渡邉さんの企画展と、北欧グッズの販売がある。

音楽祭は、「生活の中に音楽を」を提唱した渡邉さんから指導を受けた諏訪響がその思いを引き継いで21年目の企画。14日は入場無料。問い合わせは同センター(電話0266・28・0018)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP