人工授精した牛が出産 上農高生が感動の対面

LINEで送る
Pocket

人工授精で生まれた子牛を抱く上伊那農業高校の市ノ羽和泉さん=18日、南箕輪村の同校牛舎

「ほっとしました。元気に育ってね」。上伊那農業高校(南箕輪村)生物科学科動物科学コース3年の市ノ羽和泉さん(18)=伊那市=が人工授精をした実習用繁殖牛2頭が18日、それぞれ子牛を産んだ。自主練習を重ね、昨年暮れに人工授精に挑戦した市ノ羽さん。受胎後も「とにかく無事に…」と祈りながら見守ってきた。「生命の創造」に関わらせてくれた学校や教諭らに感謝し、「牛にもお礼を言いたい」と何度も何度も牛たちの体をなでた。

このうち、5歳になる繁殖牛「かつみ」は18日未明に雌牛を出産したとみられ、朝に牛舎へ立ち寄った同級生から知らせが届いた。自力で立とうとする姿を見ると、市ノ羽さんは「頑張って」。「かわいい」「元気そう」と笑みが絶えなかったが、個体識別の耳標を付ける際には「痛いかな…」と心配顔になった。

もう1頭は午後に雄牛を産んだ。学校の理解を得て出産に立ち会うことができた。

同校では黒毛和種を10頭飼育する。繁殖は資格を持つ教員が担うが、家畜人工授精師の境久雄教諭が意欲と上達ぶりをみて、自らがサポートに入ることで体験の機会を与えた。頚管の見つけ方やつかみ方の訓練を重ね、昨年12月30日、専用の器具を使って精子を雌牛の体内に注入。5月には超音波画像診断装置による妊娠鑑定をした。

雄には「上農和福」、雌には「じょうのう いずみ」と名を付けた。「自分の名は恥ずかしいし、呼びにくい」と抵抗したが、「やっぱ、いずみでしょ」と同級生に押し切られた。「楽しそうに取り組んでいた。苦労とか、努力とか、そういう感覚は彼女にないと思う」と境教諭。「人工授精をして、立派な牛の”お父さん”になってくれた」と賛辞を送った。

雌牛も誕生したことで二重の喜びとなった。雄牛はやがて市場出荷されるが、血統の優れた牛から誕生した雌は繁殖用として牛舎に残る。進学して動物に関わる仕事を目指す市ノ羽さん。「将来に生かせる貴重な経験ができた」と振り返り、「卒業まで牛たちを見守って、写真も動画もいっぱい撮る。卒業しても会いにくる」と目を輝かせた。

おすすめ情報

PAGE TOP