駒ケ根商議所 新会頭に福澤氏

LINEで送る
Pocket

駒ケ根商工会議所は25日、駒ケ根市の駒ケ根商工会館で開いた臨時議員総会で任期満了に伴う役員改選を行い、新会頭に福澤秀宏氏(67)=同市上穂栄町=を選任した。任期は11月1日から3年。

福澤氏は自動車販売のホンダカーズ松本南会長。2013年から2期6年副会頭を務め、筆頭副会頭として主に総務を担当した。

臨時総会後の会見で「今期に策定した中期ビジョンとアクションプランを一つ一つ具現化していく3年にしたい。情報や課題を共有し、会員に頼りにされる、地域づくりの拠点となる会議所を目指したい」と抱負。事業承継や創業支援、中心市街地活性化、テクノネット駒ケ根の商業・サービス業への拡充、ソースかつ丼によるまちづくりの発展などに重点的に取り組む考えを示した。

副会頭には再任の春日俊也氏(58)=伊勢喜社長=、新任の新井博氏(63)=新井電気工業社長=、松井良介氏(61)=松井自動車工業社長=を選任した。専務理事は富永満氏(62)を再任した。今期限りで会頭を退任する山浦速夫氏(78)=ヤマウラ会長=は顧問に就任する。

おすすめ情報

PAGE TOP