絵本戦争なんか大きらい!原画展 11月巡回

LINEで送る
Pocket

来月諏訪地方3会場で開かれる、絵本「戦争なんか大きらい!」原画展へ多くの来場を呼び掛ける関係者

戦争のない平和な世界への願いを込めて61人の絵本作家の手でつくられた絵本「戦争なんか大きらい!」の原画展が11月、諏訪市、茅野市、原村の3会場を巡回して開かれる。諏訪市文化センターは9、10日、茅野市中央公民館は13日、原村中央公民館は16、17日の日程。諏訪会場ではミニライブ、原会場では絵本作家・長谷川知子さんのギャラリートークと関口裕子さんのリサイタルも行われる。

東京都町田市在住で、音楽活動をしている関口さんが、原画展を見て共感を覚え、今年4月に地元の町田市で初めて開いた。関口さんは原村原山に別荘を持ち、原中学校卒業制作の詩に曲をつけるなど同校生徒との交流もあったことから、生徒たちにも同じ思いを持ってほしい│と原村での原画展を模索した。

そんな中、知人の紹介で諏訪市の「戦争はいやだ平和を守ろう会」、茅野市の「新日本婦人の会」、原村の「原村子どもの本・9の会」と知り合い、協力して原画展を行うことになったという。

同絵本は「子どもの本・九条の会」が制作。思いを同じくする絵本作家がそれぞれ1枚絵を描き、平和に関する憲法の条文を添えて1冊の本にまとめた。原画展は2015年から始まり、2度の延長を経て、現在も全国各地を巡っている。

諏訪会場は9、10の両日とも午前9時~午後5時まで。9日午後2時30分から関口さんのミニライブを開催。入場無料。13日の茅野会場は午前10時~午後5時で入場無料。原会場は16日午前9時~午後2時、17日午前9時~午後5時で、16日は午後2時30分から「1ねん1くみ」シリーズなどで知られる長谷川さんのギャラリートーク、午後3時30分から関口さんのリサイタル。ギャラリートーク・リサイタルは参加費700円(高校生以下無料)。

おすすめ情報

PAGE TOP