茅野市婚活企画「結日記」 第3回参加者募集

LINEで送る
Pocket

他県の自治体と初めて共同開催する茅野市の婚活企画「結日記」

男女の出会いを交換日記から始める茅野市発祥の婚活企画「結日記~恋に、想像力を。」の第3回参加者の募集が始まった。茅野市は今回初めて、福島県西会津町と宮崎県椎葉村と共同開催。結日記の輪を全国に広げ、茅野市の知名度向上を目指す。締め切りは「いい夫婦の日」の22日。

「結日記」はシティプロモーションの一環で茅野市が始めた。市外と市内でマッチングされた男女が名前などの個人情報を伏せて10回の交換日記で交流する。2018年11月の第1回には10組が参加し、5組のカップルが誕生。今年6月から始まった第2回は15組で進行していて、これから出会いの場面に入る。

他自治体との共同開催はスケールメリットを生かし、「結日記」と茅野市の認知度をさらに高めるのが狙い。6月に募集を開始し、7月の説明会には8~9自治体が参加したが、年度途中で予算確保などの庁内調整が難しいこともあり、西会津町(人口6200人)と椎葉村(人口2200人)の参加になった。

募集定員は茅野市が10組20人、西会津町が5組10人、椎葉村が1組2人。20歳以上の独身者が対象で、「結日記」のウェブサイトで参加者を募る。3市町村と委託会社カヤックLiving(神奈川県鎌倉市)でつくる実行委員会が、希望者の出身地や居住地、動機などプロフィルを考慮してマッチングを図る。

交換日記は今月下旬から始まり、2人が意気投合した場合は、来年2月ごろに各市町村の名所(茅野市は御射鹿池)で出会う予定だ。

茅野市地域戦略課は「来年度の参加を予定している自治体もある。結日記がムーブメントとなり、旗振り役を担う茅野市の認知度が高まっていけば」と期待している。

申し込みは「結日記」ウェブサイト、問い合わせは茅野市地域戦略課(電話0266・72・2101)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP