諏訪湖周サイクリングロード 工事進む

LINEで送る
Pocket

サイクリングロードの基本計画に基づく工事が始まった整備区間=諏訪市豊田

県と諏訪湖周3市町が整備する諏訪湖周サイクリングロード計画で、県諏訪建設事務所は8月に開通した諏訪市豊田の新川橋―武井田川橋区間(820メートル)に続く、武井田川橋―六斗川橋区間(1044メートル)の工事を進めている。既存のジョギングロードをサイクリングロードとし、湖側にジョギングロードを新設する。

自転車が安全で快適に利用できる環境をつくろうと2016年度に県と湖周3市町で策定した基本計画に基づき、工事が進んでいる。県は岡谷市の釜口水門から同市湊を経て諏訪市の諏訪湖ヨットハーバーまでの6・6キロを担当する。

工事は既設区間と同様に、既存のジョギングロードのゴムチップ舗装を取り除いてアスファルト舗装を施す。新設するジョギングロードにはゴムチップ舗装を行う。道幅はいずれも3メートルで段差を小さくするため、ジョギングロードの敷地は最大で1・5メートル盛り土する。2工区に分けて並行し、橋を除く計898メートルの整備を進める。工事費は計1億1200万円余。工期はいずれも来年5月下旬ごろまでで、来年夏の供用開始を目指している。

おすすめ情報

PAGE TOP