茅野のワークラボ八ケ岳 16日オープンデー

LINEで送る
Pocket

「オープンデー」のチラシを手に、来場を呼び掛けるワークラボ八ケ岳のスタッフ

茅野市のコワーキングスペース「ワークラボ八ケ岳」は16日午前10時から、JR茅野駅前ビル・ベルビア2階にある同施設を無料開放する「オープンデー」を開く。ワークショップや体験、ライブなど親子で楽しめるイベントを多彩に繰り広げる。

オープンデーは、多様な働き方や女性の社会進出、大学生の地元定着、起業・創業の支援に取り組む同施設を知ってもらう目的。昨年12月に次いで2回目の今回は、県などと連携し、親子で楽しめる体験と学びを提供する。

午前は、理想の働き方を考えるワークショップを行い、個人や組織、社内制度の観点から働き方の可能性を探る。母親の再就職を後押しする県の講座「ママのいきいき仕事塾」や、女性のアイデアを実現する「ゆめサポママ妄想会議」(要予約)もある。

午後は、子どもが英語に触れながら描いた絵をプロジェクションマッピングで動かし、絵本の物語を作っていく体験イベントや、建築家の竹内昌義さんからエコタウンの構築方法を学ぶ講演会、資産形成セミナー、男性限定のパン作り教室、多肉植物の寄せ植えワークショップを行う。

新企画のアカペラライブは午後2時から。登内大志郎さん、松本市の女性グループ「松本ママカペラ」、諏訪地方の母親でつくる「はっぴーまみ~ず」が出演し、子ども向けのアニメソングなど親子で楽しめる曲を披露する。

入場無料(イベントは一部有料)。問い合わせは、ワークラボ八ケ岳(電話0266・78・5573)へ。

おすすめ情報

PAGE TOP