芳香シクラメン直売 駒ケ根の信州ナーセリー

LINEで送る
Pocket

色とりどりのシクラメンが並ぶ「信州ナーセリー」のハウス

鉢花を生産する駒ケ根市南割の「信州ナーセリー」は13日から、「シクラメンの香りフェア」と銘打った直売イベントを始めた。大鉢のシクラメンと、出荷最盛期を迎えた小ぶりなガーデンシクラメンを販売。ハウス内にはカラフルな花と芳香が広がり、来場者がお気に入りを探して購入している。12月11日まで。

7年目の今年は「ナイトフェア」を初めて企画。通常の営業は午前10時~午後4時だが、15、29両日に限っては午後5~7時にも直売する。照明をつけた幻想的なハウスでは昼とは異なる花の美しさが楽しめ、「締め切ったハウスに充満する香りも体感できます」という。

主力のガーデンシクラメンは耐寒性のある原種を元に育成されており、暖地であれば冬の屋外でも楽しむことができる。信州では「キッチンの窓際などに置いて楽しむのがお勧め」という。「たくさんある花の中から生き生きした花を選んでいただければ」と来場を呼び掛けている。

11月中は休みや午前中のみの営業がある。

おすすめ情報

PAGE TOP