インクジェット印刷で電子回路 エプソンなど

LINEで送る
Pocket

インクジェットによる新しいものづくりに取り組むエレファンテックの清水社長(中央)とセイコーエプソンの小川恭範常務(右から2人目)

インクジェット技術で液体金属を直接印刷し電子基板を製造する“新しいものづくり”の量産化で、フレキシブルプリント基板の新興メーカー、エレファンテック(東京都中央区、清水信哉社長)とセイコーエプソン(諏訪市)、三井化学、住友商事など9社は14日、東京で業務資本提携の共同会見を開いた。調達資金の一部で大型の量産実証拠点を建設。世界初のインクジェット印刷による電子回路の量産に取り組む。

フレキシブルプリント基板は、フィルム全体に銅を塗り不要な部分をそぎ落とす方法で製造されてきた。エレファンテックでは液化した金属を直接インクジェット印刷する技術を確立。小規模な生産ラインの稼働にも成功している。製造コストは半額~3分の1、水の使用量や廃棄物量は10分の1以下に抑えることができるという。

今回の提携では9社から18億円を調達。約8億円を投じて名古屋の三井化学工場敷地内に新工場を建設。最大で月産5万平方メートルの量産が可能な製造ラインを開発し、2020年9月に稼働。年間で約40億円の売り上げを目指すとしている。清水社長は「従来からあった考え方だが、金属の微細な液体化やインクジェットの技術進歩で、技術が追いついてきた」と自信をのぞかせ、「圧倒的な低コストのほか省エネなど環境面でも大きな効果が期待できる」と述べた。

また、複雑化する自動車の配線を樹脂部品にインクジェット印刷する技術の開発にも取り組み、5~7年での技術確立を計画している。

基幹技術を提供するセイコーエプソンでは、外部からの利用提案にも積極的に取り組むオープンイノベーション戦略を進めている。独自のプリントヘッド「プレシジョンコア」の外販にもつながり、エレファンテックには、ノウハウのほか研究開発用の「R&D用インクジェット装置」も提供。開発用にプリントヘッドも供給する。

おすすめ情報

PAGE TOP