大切なのは楽しく体を動かす 田中正治さん

LINEで送る
Pocket

文部科学大臣表彰を受けた田中さん

長年にわたるスポーツ推進委員としての功績が認められ、田中正治さん(64)=茅野市玉川=が今月14日に三重県で開かれた全国スポーツ推進委員研究協議会で文部科学大臣表彰を受けた。田中さんは20日、茅野市役所を訪れ、今井敦市長に受賞を報告した。24年間のスポーツ推進委員としての活動を振り返りながら、「何より楽しく体を動かすことが大切」と受賞を喜んだ。

田中さんは、市の養成講座をきっかけにスポーツリーダーとして活動。1995年に先輩指導員の推薦でスポーツ推進委員(当時は体育指導委員)となり、2005年からは市のスポーツ推進委員長を務めている。スポーツをしていない子どもらへのスポーツの普及に力を入れるとともに、ふらば~るやインディアカなどのニュースポーツの普及を通した生涯スポーツの推進にも尽力してきた。

今年、同表彰を受けたのは全国85(県内4)人。これまでの諏訪地方の受賞者は田中さんを含めて4人。田中さんは15年に全国スポーツ推進委員連合功労者表彰も受けている。「スポーツ教室で子どもたちは必然的に体を動かして汗をかく。これがスポーツの原点だと思う」とし、「市スポーツ推進委員会が頂いた賞だと思う。これからも市民へのスポーツ普及に協力していきたい」と語った。

今井市長は「大変な面も多いと思うが、これからもスポーツの発展に力を貸してほしい」と今後の活躍に期待を寄せた。

おすすめ情報

PAGE TOP