「心」温めて 岡谷駅にイルミネーション

LINEで送る
Pocket

華やかなイルミネーションで彩られたJR岡谷駅

岡谷市の玄関口を華やかに演出しようと市内の有志らが24日、JR岡谷駅の駅舎にイルミネーションを飾り付けた。「岡谷駅から始めるイルミネーションプロジェクト」と銘打った取り組みで、昨年に続いて実施。緑と青のLED(発光ダイオード)電球約1300個を使い、駅舎の屋根の部分で、山と諏訪湖のイメージを表現している。点灯は来年3月末まで。

冬場の駅利用者に「明るく温かい気持ちになってもらいたい」と、有志の呼び掛けで始まったプロジェクト。賛同する29事業所・個人からの協賛金で備品を購入し、昨年から駅舎への飾り付けを始めた。

今年は趣旨に賛同したヌーベル梅林堂(同市中央町)が店舗にイルミネーションを設置し、同日から点灯を開始。今後、岡谷駅から同店まで周辺の商店街や施設など一体が、鮮やかな光で彩られる計画だ。

駅舎の点灯時間は日没から午後11時30分ごろまで。発案者で、いとまち商業会会長の山崎貴司さん(39)は「イルミネーションが街なかへと広がるきっかけになれば。これからの寒い時期、駅の利用者には明かりを見て心を温めてほしい」と期待していた。

おすすめ情報

PAGE TOP