合格祈願グッズ入魂 伊那市高遠町の弘妙寺

LINEで送る
Pocket

合格祈願の寺としても知られる弘妙寺で行われた「サクラサク サクラコマ」などの入魂式

受験シーズンを前に、伊那市の製造業者らでつくる「製造業ご当地お土産プロジェクトチーム」が開発した合格祈願グッズの入魂式が27日、同市高遠町荊口の弘妙寺で開かれた。桜の花を模した地場産玩具「サクラサク サクラコマ」などの製品を並べ、メンバーが合格を祈願。合格鉢巻きをした「高遠さくら咲くだるま」など、桜をテーマにした合格祈願グッズも一緒に祈祷した。

「気の寺」、「合格祈願の寺」として知られる弘妙寺での祈願は7年目。サクラコマは回すと、プラスチック製の花びらが羽根になって開くこまで、この日は箱入りの受験生応援バージョンを100個並べた。市マスコットキャラクター・イーナちゃんもデザインされた箱には、「弘妙寺合格祈願済み」のシールを貼っている。

「信州高遠さくら咲くストラップ」、「ごうかく」にちなんだ五角の「桜咲く!合格箸」なども。田中勲雄住職が読経し、一人ひとりが焼香を上げて手を合わせた。同チームリーダーの橋爪良博・スワニー社長は「合格祈願のお守りにするとともに、受験勉強中に少しこまを回して、ほっこりしていただければ」と話していた。

27日からスワニーオンラインショップや高遠さくらホテルなどで販売を始めた。

おすすめ情報

PAGE TOP